フォワダーとは? 

 

スポンサーリンク

 

 
フォワーダー(Forwarder)とは、貨物利用運送事業者のことで、一般的には国際輸送を取扱う業者を指します。

荷主から貨物を預かり、自社以外の業者の運送手段(船舶、航空、鉄道、貨物自動車など)を利用し運送を引き受ける事業者のことです。

荷主と運送業者とを結びつけて書類を作成する代理仲介業者とも言えます。

 

・航空輸送を得意とする業者エア・フレイト・フォワーダー

・海上輸送を得意とする業者NVOCC(Non Vessel Operation Common Carrierの略、NVと略されることもある)

 

エア・フレイト・フォワーダー(Air Freight Forwarder)とは、

利用航空運送事業、航空貨物混載事業者などと呼ばれる。

不特定多数の荷主から集めた貨物を集約し、同一空港宛の貨物をまとめて航空会社と輸送契約を結ぶ輸送業者であり、自ら運賃を設定することができるため、航空会社からの仕入れと荷主への売値の差額を利用し収益をあげることができる。また、複数の荷主の貨物を集約することで混載差益を得ることもできる。

 

NVOCCとは、

海上輸送において、船舶を持たないことから、NVOCC(非船舶運航業者/ひせんぱくうんこうぎょうしゃ/Non Vessel Operation Common Carrierの略、NVと略されることもある)と呼ばれます。

NVOCCは、貨物の運送を、港と港の間の貨物の運送だけではなく、生産地から配達地までドア・ツー・ドアで輸送を手配することもある。

 

 

主なフォワダー (売上)

01位 日本通運 (1兆6280億円)

02位 山九 (3959.77億円)

03位 西日本鉄道 NNR(3275億円)】

04位 郵船ロジスティクス YAS (3090億円)

05位 近鉄エクスプレス KWE 【2644億円)

06位 上組 (2340億円)

07位 日新 (1790億円)

08位 ケイヒン 【408億円 】

09位 エーアイテイー (146億円)(2012/02/29)

10位 タカセ (97億円)

※記載のないものは2012年3月31日決算数字

フォワーダー業=運送取次業、利用運送事業、航空代理店業、海運代理店業、海運仲立業、港湾運送業、倉庫業など

 


 

 

 

 

「物流」の基本&実践力がイチから身につく本
ロジスティクス・サポート&パートナーズ
4883997286