物流の目指すところ

 

 

スポンサーリンク

 

トヨタ生産方式では

「必要なときに 必要なものを 必要なだけ」 

在庫を持たない、移動しない物流。

 


しかも低コストで運用すること。(結果低コストになるが)

 
この言葉から、まさに、トヨタ生産方式である。

トヨタ生産方式は、生産現場をを中心に見て、在庫を持たずに構築していった生産方式である。

物流と顧客という視点で「必要なときに・必要なものを・必要なだけ」を構築する必要がある。

ただし、物流だけを見るのではなく、全体最適で考え、構築しなければならない。

 

 

 

この1冊ですべてわかる 物流とロジスティクスの基本
湯浅 和夫