鉄道輸送で環境負荷軽減


排気ガスを出さずにエネルギー効率がよい鉄道を使うことで、環境対策上鉄道輸送が見直されています。

コンテナ輸送と車扱い輸送

コンテナ輸送
貨物をコンテナに乗せ、拠点から駅まではトラックで、発駅から着駅までは鉄道で行われます。
積み替える手間がありません。
 

車扱い輸送
貨物をトラックに乗せ、発駅だ貨車に積み替え、さらに着駅でもトラックに貨車から貨物を積み替える。
積み替えの手間が多く、時間がかかります。
大量のもの、引き込み線がある工場などにメリットがあります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

「物流」の基本&実践力がイチから身につく本
ロジスティクス・サポート&パートナーズ
4883997286